素敵な結婚式を作ろう|ブライダルの流行はココにある

神様の前で

神社など日本古来の神様が鎮座される前で結婚を誓う神前式は、日本国内はもとより海外の日本文化愛好家などにも密かな人気を博しています。 神前式はかつては古臭いなどというイメージを持たれて、長らくマイナーな結婚式スタイルという位置に甘んじてきましたが、昨今の日本文化ブームやパワースポットブームなども合わさって人気に火がついてきました。 そうした中でこれから結婚式を神前式で挙げたいカップルには、神前式を挙げる挙式場所について事前に考慮することをお勧めします。 神前式は神前であれば基本的にどこでも挙げられるので、神社でなくてもホテルや結婚式場でも神殿さえあれば挙げることが出来ます。 ホテルや結婚式場であればきめ細やかなサービスを受けられるというメリットがありますし、神社であれば神社でしか味わえない演出などのサービスを受けられます。どういった結婚式にしたいのかまたどういったサービスを望むのかによって、神社あるいはホテルや結婚式場などどこを挙式場所にするのがベストかは変わってくるので、しっかりと選ぶようにしましょう。

最近になって神前式で結婚式を挙げるカップルが増えているなど、密かなブームになっている神前式ですが実際に挙げるとなるとどういったどういった形で費用がかかるのか気になるところです。そこでここでは神前式にかかる費用の傾向と平均的な相場について見ていきたいと思います。 神前式において特別な費用として知られているのは玉串料といわれる、神社や神職へ納める謝礼があります。玉串とは玉串奉奠に用いられる神様へ捧げる神聖な榊の枝で、結婚式以外でも一般的な祈祷のお供えなども玉串料または初穂料などと呼びます。 費用は大体10万円ほどです。 結婚式といっても実際には式だけでなく披露宴なども一緒に行われますが、神前式の挙式だけでみた平均的な相場としては約30万円ほどかかります。