素敵な結婚式を作ろう|ブライダルの流行はココにある

注意点

少人数結婚式にする場合には、注意するべき点もあります。 まず少人数結婚式にする時には、カップルだけで決めるのではなくお互いのご両親の意見もきちんと聞いておく必要があります。 一生に一度の子供の結婚式なので、盛大に行って欲しいと願うご両親も中にはいます。 話しを自分達だけで決めてしまうと、それを楽しみにしていたご両親と溝ができてしまうこともあるのです。 ですからご両親には、事前に報告しておいた方が良いでしょう。 また少人数結婚式の場合、余興などをどうするかという問題もあります。 招待客がごく少数の場合は会食形式のパーティーが多いのですが、その場合歓談だけでスピーチだけをしてもらうのか、それともちょっとした余興を入れてもらうのか、その辺りをしっかりと調整しておく必要があります。 少人数結婚式であっても様々な演出をすることはできるので、その辺りは事前に打ち合わせをしておく必要があります。 少人数結婚式にする場合には、このような注意点に気を付ける必要があります。

招待客を少なくして、シンプルに結婚式を挙げるカップルが増えています。 招待客を大勢呼び大体的に結婚式を行うより、親族や親友など本当に親しい人達だけを集めて行う結婚式を選ぶカップルが増えているのです。 大人数で行う結婚式も良い面はたくさんあります。 大勢の人に祝ってもらうのは、大変に嬉しいものです。 しかし、少人数結婚式にも良い点がたくさんあるのです。 招待客が少数であれば、全てのテーブルにゆっくり回って丁寧にお礼の言葉を述べることができます。 また大人数では、両家のテーブルが遠くゆっくり話す機会があまりありませんが、少人数結婚式であれば、両家の親御さんが親しく話せるようにセッティングをすることも可能です。 何よりも全員参加型の結婚式にすることができるという点で、参加してくれた人達とより親密になれるという良さがあるのです。